Elementorの最大の特長は、ホームページとして公開している画面を直接編集するような感覚で作業できることです。Windows Live Writer が使われていた時も、実際の公開画面に近いということで人気がありましたが、Elementorはそれとは比べ物にならないほど優れています。もう、リアルタイムプレビューも必要ありませんし、Wordpressのビジュアルエディタを公開画面に近づけるような作業も必要ありません。ページビルダーであり、最強の記事更新エディタです。いままで私がやりたかったことをついに実現してもらったような感じです。では、その詳細について説明していきます。

実際の公開画面で編集って何?

 Wordpressはブログ感覚でホームページを更新できるとても便利なシステムです。しかし、Wordpressデフォルトの記事更新エディタは、CSSを反映しないため、実際の公開画面と大きく異なることが問題でした。少し凝ったことをしようと思ったら、テキストエディタとビジュアルエディタを行き来しながらスタイルシートなどを設定しなければならず、それがうまくいっているかどうかはプレビューで確かめなければいけません。その手間を少しでも軽減しようと、realtime previewなどのプラグインで対応しようと頑張りましたが、動作がスムーズでなかったり、結局試しながらやるということで効率が悪かったりしました。

・WLWもいらなくなるElementor

 Windows Live Writer(WLW)も実際の公開画面に近い状態で記事を更新できるので一時期、Wordpressユーザーの間で人気でした。しかし、サポートが終了した2012年以降はバージョンアップもしていません。それに、WLWはテーマをダウンロードすることによって見た目を公開画面に近づけるため、トップページがアレンジされているようなWordpressのテーマだとまずうまくいきません。うまくいったとしても、パソコンを変えるたびにWLWの設定が必要となるので非常に面倒です。

・Elementorは100%公開画面と同じ

 さて、WLWが公開画面に「近い」というならば、Elementorは100%公開画面と同じといって過言ではありません。背景、広告やサイドバーを含めたすべてが公開画面と同じように表示され、コンテンツ表示部に直接文字を打ち込んだり、写真を貼ったりすることができます。下の例は、背景が似ているため少し見づらくなっていますが、まさに公開しているコンテンツに直接打ち込むような感覚で記事の更新ができることをイメージできますでしょうか?