常時SSL化という言葉は、ホームページを作っている方にとっては、「聞いたことがあるよ。」というものかも知れませんし、既に対応もお済かもしれません。また、知っていても総合的に判断して見送られてきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ただ、世の中の流れは少しずつ変わってきていますので、そういう方も、ここで一度見直されてみてはいかがでしょうか。

 なお、これから初めてホームページ作りにチャレンジされる方は、このサイトの方法で進めていくと最初から常時SSL化になりますので気にしないでも大丈夫です。少々分からない部分があっても後で分かってきますので気にせず読み続けていってください。

常時SSL化って何?

 まず、常時SSL化とは何でしょうか。簡単に言うと自分のホームページを暗号化して通信するということです。すると、次は暗号化ってなにさ?ってなりますよね。実は私も詳しいことはわかりません。ただ、金融機関やショッピングサイトで大事な情報を入力する画面になると、https://から始まるアドレスになり、アドレスにも鍵マークつきますよね。よりセキュリティが高くなることを示しています。それだけでも何だか安心しませんか?あれを自分のホームページのすべてのページで行うことが「常時SSL化」というものです。

メリットは?

 メリットは何と言ってもセキュリティの向上です。ホームページ内で入力したことやアクセスしたことなどの情報を保護し、サイト内で発生したすべての情報を暗号化します。暗号化されたデータは盗むことが困難になりますし、悪意をもった者から情報を守ることにつながります。さらに、このホームページは本物ですということも証明できます。いろいろ書きましたが、このホームページは安全だということを証明してくれるものになります。

保護された通信

 さて、ホームページのアドレスバーをご覧ください。鍵マークの横に「保護された通信」と書いてありますよね。私が思う一番のメリットはこれです。常時SSL化をしていないと、(i)マークが出ていて、そこをクリックすると、「このサイトへの通信は保護されていません」と表示されます。さらに、「このサイトでは機密情報(パスワード・クレジットカード)を入力しないでください。悪意あるユーザーに情報が盗まれる恐れがあります。」と書いてあります。インターネットに詳しくない人ほど、この文言は不安になりますよね。閲覧するだけの通常のサイトであればさほど問題はないはずなのですが、「情報が盗まれる」と書かれていれば心配になります。さらに、「保護されていない」であればまだよいのですが、今後は「危険」と表示される可能性があります。安全ではないの反対は確かに「危険」ですが、改めて文字にされるとビビりますね。一生懸命作った自分のサイトが、検索結果一覧で「危険」と書かれていたらがっかりしますよね。対応できるのであればしておきましょう。

検索結果の向上

 実は、常時SSL化が進んでいるサイトは、Googleなどの検索エンジンから「ユーザーが安心して利用できる優良なコンテンツである」と評価されます。つまり、検索結果が上位になりやすくなるのです。ただし、コンテンツの内容が重要であることは言うまでもありません。受験と一緒ですね。合否を分ける結果は入試の点数ですが、同点なら内申書の所見や部活の成績などで決着がつきまよね。あれに似ています。検索結果の順位を決める時に、コンテンツにさほど差のないように捉えられたとしたら、常時SSL化していた方が有利ということになります。具体的な点数なんて分かりませんから、打てる手は打っておいた方が良さそうですよね。

高速化

 実は、常時SSL化をすると、通信速度が向上する場合があるそうです。以前は、HTTPS(暗号化通信)をするとホームページの表示速度が遅くなるのではないかという話でした。しかし、「SPDY」や「HTTP/2」といった新しい通信技術が生まれ、これに対応したサーバーでWebサイトを運営すると、HTTPよりも高速な表示が可能になりました。Chrome、Firefox、IE、Safariなど、主要ブラウザの最新バージョンは全てこの通信技術に対応しているので、HTTPS(暗号化通信)にしていないWebサイトの方が、相対的に表示が遅いと感じられるようになるかもしれません。今後は、常時SSL化したサイトが主流になっていくのではないでしょうか。

デメリット

  常時SSL化によって、ホームページアドレスにhttps://とsがひとつつきます。たったこれだけなのですが、インターネットの世界ではこれが大きく、アドレスは全く違うものとしてとらえられます。301リダイレクトで、ユーザーは新しいサイトに飛んでもらうことは可能ですが、アクセス解析のサービスなど登録しているものがあれば修正する必要があります。また、自分のサイト内でサイト内リンクを貼っている場合、そのアドレスもhttps://にする必要があります。WordPressを使っていると簡単に済む場合がありますが、HTMLで頑張ってホームページ作りをしてきている人にとっては、自分のサイトとは言え、サイト内のリンクを全てhttps://に変えていくのは結構手間のかかる作業になりそうです。

▶ スポンサードリンク


常時SSLはどうするの?

wpXなら簡単

 実は、難しそうですがwpXのサーバーを使えばクリックひとつです。後の実践編で紹介しますが、新しくホームページを作られる方にとっては何も迷うところはありません。既にサイトをお持ちの方が常時SSL化を導入する場合も、クリック一つですが自分のサイト内で自分のサイトに向けてリンクをしている部分がある場合はその修正をしなければならないときがあります。一応、wpXの基本の機能でアドレスの置き換えもしてもらえることにはなっています。

まとめ

素人なのでSSL化

 世の中にはより理論的に詳しく説明しているサイトがたくさんあります。無責任な書き方ですが、本気で勉強されたい方はそちらをご覧ください。これからホームページを作ろうかなという方は、特に理由がないのであれば「保護された通信」「安全なサイト」を作成された方が良いのではないでしょうか。wpXサーバーを使えば、そのあたりの不安もワンクリックで解消されます。常時SSL化に対応した新しい技術でホームぺージづくりをしていきましょう。(といっても、本当に一か所チェックをつけるだけですが…。)

 次回からはいよいよ「実践編」です。サーバーの無料お試し期間を使ってホームページ作りに挑戦してみましょう。(無料期間が過ぎたらお金がかかる?という心配はいりません。入金しない場合は2週間後に自動キャンセルですのでご安心ください。ここでは、「試しに」やってみることが大事で、次への一歩につながります。)