さて、WordPressの設置が完了したら、さっそく記事を投稿してみましょう。でも、その前にセキュリティ向上のためにひとつやっておきたいことがありますのでお読みください。

パスワード・表示名変更

 先ずは、WordPressの管理画面にログインします。ログインの仕方は、サイトのURLの後ろに/wp-adminと入力するか、wpXサーバーの管理画面からアクセスします。管理画面からアクセスする時は、まずホームに戻ります。すると、新しく作成したWordPressがサイドバーやトップページに表示されます。

 「設定」についてはまた改めて説明します。ここではダッシュボードへ(ダッシュボード=Wordpressの管理画面)をクリックします。

① ダッシュボードにログイン

 先ほど自分で決めたWordpressの管理ユーザー名と、新規インストール時に表示されたパスワードを入力します。wpXのパスワードではありません。

 これがWordPressのダッシュボードと呼ばれる画面です。この画面が表示されればログイン成功です。

② パスワードとブログ上の表示名変更

 ダッシュボードにアクセスしたら、左側のサイドバーを見ます。いろいろ並んでいますが、その中にある「ユーザー」をクリックします。

 自分のユーザー名のところにカーソルを持っていくと、「編集」と表示されますのでそこをクリックします。

 その中に、ニックネーム(必須)とありますので、ここに任意のニックネームを入力します。ここは日本語も可能です。

 ニックネームに入力したものは、次のブログ上の表示名で選ぶことが可能です。ブログ上の表示名を変更したらここで一度、ページ下部のプロフィールの更新をクリックして保存します。

 なお、このニックネームや表示名は何度でも変更可能ですので安心してください。ここで変更しておかないと、自分のWordPressのIDをネット上に晒し(さらし)続けることになるのでセキュリティ的にはあまりよくありません。

③ WordPressのパスワードを変更

 次に、もう少し下にあるパスワードを生成するをクリックします。自動的にセキュリティの高そうなパスワードが表示されますが、自分で入力することも可能です。自分で入力する場合は、半角英・数字、さらに大文字・小文字が混在するようにするといいですよ。覚えやすさも必要ですがセキュリティも考えておきましょう。

 最後に「プロフィールを更新」して完了です。他にも初期設定するところはありますが、この段階ではここまで結構です。

最初の記事を投稿しよう

 さあ、次は記事の投稿です。投稿と言ってもまずは「お試し」ですので早速やってみましょう。

① 投稿の「新規追加」をする

 サイドバーの「投稿」をクリックし、新規追加をクリックします。

 タイトル、記事を入力して「公開」をクリックします。え?それだけ?

「投稿を公開しました。」となれば成功です。投稿を表示してみましょう。

② 投稿されたページを確認する

 できましたね。投稿者も先ほど設定したニックネームになっていますか。サイトのデザインを変えたり写真を入れたりと、これからいろいろなことができます。先ずはこんな感じで自分が書いたことが発信できるということを体験できましたでしょうか。

 次回は、いよいよElementorを使ってのホームページ作りです。WordPressの弱点であった、投稿画面と実際の画面が違って分かりにくいという問題が見事に解消できます。ホームページの公開画面を見ながら直感的に操作できるので分かりやすよ。