すでにWordPressでホームページを作成されている方はここからスタートですね。どうぞよろしくお願いします。さて、初めての方もいらっしゃいますので引き続き丁寧に説明していきます。

WordPressのプラグイン

 WordPressには、ユーザーの必要性に応じて便利な機能を追加することができるプラグインというものがあります。プラグインは、インストールして簡単な設定をするだけで使えるものが多く非常に便利です。今回紹介するElementor Page Builder以外にもたくさんありますので、やってみたいなと思うことがあったら、「WordPress プラグイン ○○」で検索してみてください。

① ダッシュボードにログイン

 さて、WordPressのダッシュボードにログインをします。ログインしている時は、公開中のホームページの上の方に「ダッシュボードへ」と表示されています。ログアウトしている時は、サイトアドレスの後ろに/wp-adminと入力するか、あらかじめお気に入りに入れておいたページ、またはwpXの管理パネルからアクセスします。慣れてくると自分のやりやすいログインの仕方が決まってきます。

② プラグインのページにアクセス

 ダッシュボードにアクセスしたら、左側のサイドバーを見ます。「プラグイン」という項目がありますのでクリックして一覧を確認します。

 その中には既にプラグインがいくつかインストールされています。ただ、「有効化」されていませんので起動はしていません。必要なものを順次「有効化」していきます。

 まず、Hello Dollyですがこれは削除しても構いません。ログインした時に挨拶してくれるプラグインです。寂しい時は有効化しておきましょう。次に、TypeSquare Webfonts for エックスサーバーはウェブフォントを使うようになったら有効化します。後ほど説明します。WP Multibyte Patchというプラグインは大事です。、日本語表示で不具合が出る場合に未然に修正してくれるものです。有効化しておくと安心です。

 Akismet Anti-Spam (アンチスパム)という気になる名前のプラグインもありますが、これはAPIキーというものを取得する必要がありますので、後ほど有効化します。今すぐにスパムコメントが来るということは無いので、先を急ぎます。

Pluginの「新規追加」

③ Elementorを検索

 さて、プラグインの「新規追加」ボタンをクリックし、キーワードにElementorと入力します。その便利さと分かりやすさから、ここ数年で一気に注目度が上がっているプラグインです。おそらくトップにElementor Page Builderというものが表示されると思いますので、「今すぐインストール」をクリックします。

 数十秒でインストールが完了し、先ほどクリックしたところが「有効化」に変わります。素直にクリックして有効化します。

 Elementorのうたい文句は、最も高度なフロントエンド・ドラッグ & ドロップ・ページビルダーということです。どんなテーマやページ、デザインにも対応しています。凄いですねぇ、でも本当に便利です。

④ Elementorの設定

 有効化が終わったらダッシュボードのサイドバーにあるElementorから設定画面を開きます。プラグイン一覧からも設定画面を開くことができます。

Elementor設定

 細かいところはいろいろありそうですが、私が使ってみて変更した方が使いやすいと思ったところは2か所です。Generalタブの中にある、Disable Global ColorsとDisable Global Fontsにチェックを入れるところです。この項目にチェックを入れると、Elementor独自の色やフォントの設定が無効になり、自分のテーマの設定で表示するようになります。

 こだわらないのであればここもそのままで良いのかも知れませんが、テーマやCSSをいろいろアレンジして、今後オリジナルのホームページに仕上げていくときには邪魔になります。データトラッキングの使用は書いてある通りで、チェックを入れるも入れないも自由です。お好きなようにどうぞ。

⑤「変更を保存」で準備完了

 他にも、スタイルや詳細がありますがデフォルトのままで問題ありません。「変更を保存」して準備完了です。使っていくうちに気になることがあれば調べてみると良いと思います。私は特に変更していません。

 次の記事ではElementorを使って簡単な記事投稿を実演します。まだ、ホームページのテーマやデザインは仮の状態ですのでオリジナル感はありませんが、まずはElementorの機能を少しお試しください。